ローカルブランド(ハワイアンジュエリー)オフィシャルオンラインストア/通販

2018/5/15

ハワイアンジュエリーの始まり

ハワイアンジュエリー Local Brand 東京 お台場店のKaupiliです。



本日は、ハワイアンジュエリーの始まりについてお話ししたいと思います。



始まりは、意外にもハワイではなく英国でした。

当時の英国では、家族や友人への愛の言葉や思い出の言葉を彫り込んだ「センティメンタル・ ジュエリー」と呼ばれるゴールドジュエリーが流行していました。

女王は大切な人々へセンティメンタル・ジュエリーを贈ることを習慣としました。

しかし、最愛の夫アルバート王子の死後、ヴィクトリア女王は華美な貴金属や装飾品の着用を禁じ自らも喪服で過ごしますが、唯一ビクトリアン・モーニングジュエリー(喪服用の黒い ジュエリー)だけは着用を許しその際に女王は、英国の伝統的な喪中用の意匠でもある「スクロール模様」をあしらった黒いエナメルジュエリーを身に着けていたそうです。それこそがハワイアンジュエリーの原点となるものでした。

そして、英国と親密な関係にあったハワイでは、特に親交の深かったハワイ王朝リリウオカラニ女王もアルバート王子の死を悼み、 ハワイの言葉で永遠の想い出を意味する“ホオマナオ・マウ”という言葉を刻んだブレスレットを一生身に着けていたそうです。

女王は、 ホノルルのポフカイナ女学校の校長であり、学校に尽力した恩師へ“アロハ’オエ(あなたに愛を)” と黒のエナメルブレスレットを贈っています。

当時の女学生がこの事を真似たことから、ハワイアンジュエリーはハワイで流行し、家宝として代々受け継がれていくジュエリーとして今も大切にされています。



今も昔も、言葉や気持ちをジュエリーと共に贈るという素敵な歴史です。

こうした特別な意味やスピリットが、ハワイアンジュエリーが愛され続ける理由なのではないかと思います。

店頭には数々の温かみのあるジュエリーが揃えられています。ハワイを感じに是非遊びに来てください!



東京都23区内では初めてのLocalBrand、アクアシティお台場店。

アクアシティお台場店のコンセプトは“オールドハワイアン”です。古き良きハワイのイメージを伝えるアンティーク什器に囲まれた店内で、ゆったりとお買いものをお楽しみください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。



ALOHA